html> Your SEO optimized title page contents
毛髪

頭皮を清潔に保つメリット/正しいシャンプー方法

シャンプー=『髪』と『頭皮』を洗うこと

シャンプーは一般的に髪の毛を洗うこととして認識されているようなんですが、正しくは『髪と頭皮を洗うこと』をいいます。

むしろ頭皮を洗うことの方が大切だったりします。

この『頭皮を洗う』ということは、ヘアケアをしていく上でものすごーく大切な工程なのです!

しかし頭皮は普通にシャンプーするだけではなかなか綺麗にはなってくれません。

新たま
新たま
頭皮を洗う事ってそんなに大事なの?
たまねぎ
たまねぎ
実はヘアケアで最も重要なんだよ!
今回は、その重要性についてです。

知っているようで知らなかった!目からウロコの正しいシャンプー方法をご紹介させていだきます。

シャンプーを制するものがヘアケアを制する!

髪の毛の汚れのほとんどは、比較的簡単に落とすことができます。(ワックスなどは落ちません)

でもせっかく髪の毛を綺麗に洗っても、頭皮に皮脂や汚れが溜まったままだと雑菌が繁殖したり毛穴が詰まったりして、ニオイや炎症の原因になります。

悪い環境の頭皮から健やかな髪が生えてくることはありませんし。

いくら高いヘアケア剤を髪に塗っても丁寧にお手入れしても、頭皮の環境が良くなければ髪質が改善されることもないのです。

新たま
新たま
せっかくヘアケアを頑張っているのに、もったいないよ。

シャンプーには髪の毛についた汚れを落とすほかに、頭皮の汚れや皮脂を落とし、頭皮環境を整えることで健やかな髪の毛の育成をサポートするというとっても大切な役目があるのです。

清潔で健康的な頭皮と髪の毛の土台があってこそ、トリートメントやヘアオイルなどのヘアケアがより一層活きてくるというわけです。

新たま
新たま
つまり、良い野菜を作るには、しっかりとした畑が必要って事ね!
たまねぎ
たまねぎ
。。。

正しいシャンプー方法で頭皮を健やかに保ちましょう!

正しいシャンプー方法

お湯洗い(ここからシャンプーはすでに始まっています!)

「髪をチャッチャと濡らしてから、シャンプー剤をつけて…」というのはダメーです!!

実はしっかり洗うと、髪と頭皮の汚れの70%はお湯で落とすことができるのです。

髪の毛の内部にまで水分を浸透させ、お湯でしっかりと汚れや皮脂を予洗することによって、その後のシャンプーがとてもやりやすくもなります。

1分~2分は時間をかけてしっかりとお湯洗いしてくださいね。

泡立て

みなさんはいつも何プッシュくらいしてますか?3プッシュ4プッシュしてませんか…?

なんと、ボブヘアくらいの方ですと1プッシュで十分です!

新たま
新たま
えー!?そんなんじゃ泡立たないでしょ!
たまねぎ
たまねぎ
それは先程説明したお湯洗いがしっかりと出来ていないからなんだよ。

そしてもう一つ。シャンプーには泡立つ条件というのがあります。

シャンプーは『水』と『空気』が混ざり合うことによってモコモコクリーミーな泡を作り出します。

泡立たないからといってシャンプーをどんどん足しても良質の泡はできず、かえってシャンプーを流すときに落ち切らずに頭皮に残りトラブルの原因となってしまいます。

シャンプー剤をつけたら、髪と空気を混ぜ合わせるように包み込みながら泡立てましょう。

泡たて方法

↑泡立て方はこちらを参考にするととっても分かりやすいですよ!

髪と頭皮を洗う

しっかりと泡立てることにより、ゴシゴシ洗った際の髪の毛同士の摩擦を防ぐことができます。

ここでも意識することは『頭皮を洗う』ということです。

やみくもにデタラメに洗っていくのではなく、指の腹をつかって頭皮の毛根から汚れを掻き出すイメージで洗ってみてください。

隅から隅まで洗い忘れが無いように、特にてっぺんと耳の後ろは洗い忘れがちになるので気を付けてくださいね。

すすぐ

せっかく頭皮の汚れが落ちても、シャンプー剤が残ってしまっては元の木阿弥。

すすぎも大切な工程です。

ササーっと水かけておーわり!なんてことがないように。

ここでも頭皮を指の腹でこすりながら毛穴に入り込んだシャンプー剤までしっかりと落としてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

シャンプーを正しく行うということは、意外にもヘアケアにとってとっても重要なことだったのです。

特に新しく用意するものもなく、普段のやり方を少し変えるだけで簡単に改善することができます。

続けていくと髪質が変わってくるのを感じますよ!

もちろん洗いあがりの爽快感も随分と変わってきますので、ためしてみてくださいね。

ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!