html> Your SEO optimized title page contents
季節もの

おせちをラクして美味しく食べる方法

おせち料理は難しい!

正月料理といえばおせち!

しかしながら、専業主婦でもおせちを作るには至難の業!

新たま
新たま
あーむりむり!
作り方わからないし!
たまねぎ
たまねぎ
普段作らないからね。めちゃ時間かかりそうだし。。

働いているなら尚更だし、手伝ってもらうにしても姑や相手家族と一緒に作る場合もあると思います。

そういうの嫌な人は沢山いると思います!

そこで、楽して美味しいおせちを食べる方法を紹介します!

その方法とは、、、、

買っちゃえばいいのです\(^o^)/

新たま
新たま
なんじゃそりゃー

でも値段が、、、なんて事を考えると思います。

そこで、おせち作る材料費と時間を費用対効果で表してみました!

新たま
新たま
なるほど。
材料費って意外とかかるかも。

どこまで完成度を上げるか!という事にもなりますが、ネットで購入できるおせちの内容を参考にしてみました!

おせちに必要な材料

海老のうま煮 500~1000円
叩きごぼう 200~300円
ブリの照り焼き 400~500円
栗きんとん 500円
黒豆 300〜4000円
数の子 3000〜10000円
昆布巻き 1000〜10000円
伊達巻き 1000〜10000円

安くすませても、総額約7000円。。

材料費だけでもこれだけかかります(泣)

新たま
新たま
へぇ〜
節約してるようで、実は節約できていないパターンかもね!

時間もまる一日でおさまるかどうか。。。

おせち作りに費やす時間がもったいない。

主婦の時給は800~2500円とも言われています。

たまねぎ
たまねぎ
僕の時給より高いのね。

軽く数万円がポーンと飛んでいってしまうのです。

これらを考えると、買ったほうがお得なのではないかと思いますよね!?

余った時間を家族の団欒や、旅行にも使えます!

年末から正月にはできるだけゆっくりしたいという方も多いのではないでしょうか?

たまねぎ
たまねぎ
寝正月したいよねー
新たま
新たま
私はカウントダウンとか行きたいなー

時間はお金よりも価値が高いものなのです!

お勧めおせちランキング

昨今、通販で購入できるおせちは非常にクオリティが高いものとなっています。

また、お金や時間も浮かせる事ができ失敗もありません。

そこで、以下に通販で購入できるおせちを紹介いたしますψ(´ڡ`♡)

ランキング1位

創業大正13年。もうすぐ創業100年を迎える正直屋はお客様に満足頂くために、
毎年おせちの改良を欠かしません。
和食の老舗がお届けする自慢のおせちは、テレビでも話題になった最先端の冷凍技術(プロトン冷凍)で
出来たての味をご家庭までお届け致します。
伝統的な和食おせちだけではなく、中華や洋食のおせちもあり、大人からお子様まで幅広い世代の方に喜ばれています。
味はもちろんですが、味だけではなく、盛り付けや梱包まで丁寧にお包みしお届け致します。
数量限定で生おせちの取り扱いもあります。
厳選素材を贅沢に盛り込んだ、新年にふさわしいおせちです。

価格 (単品)¥10584〜¥30240
送料 一部、離島を除き送料無料
会社名 株式会社 東京正直屋
特典

 

ランキング2位

全国の料亭・名店に監修頂いた匠本舗オリジナルの料亭おせちです。

おせち販売実績\100万個以上!/顧客満足度94%以上!

価格 ¥16800〜70000
送料 送料無料
会社名 匠本舗
特典 割引き有り

 

ランキング3位
某モールで栄えある賞を12年連続受賞!
・総計86万セット突破!–こだわり–
・原料にこだわり、味にこだわり、製法にこだわる
・自分達が本当に美味しいと思った食材だけを使用する–久松のおせちが選ばれ続ける理由–
・食べごたえ満点のボリューム
・自社製造+直販だからできる価格設定
・全国送料無料
・中国産主原料不使用
・合成着色料不使用
・博多雑煮ダシプレゼント
・原材料、アレルギー表示
価格 (単品)¥6500〜¥20000
送料 全国無料
会社名 博多久松
特典

 

凄く本格的なおせちを通販で購入できるとは驚きです!

新たま
新たま
意外と高くないものあるし、買ったほうが全然お得じゃん!

おせちは買って、年末年始はゆっくり過ごしましょう!

おせちコラム

新たま
新たま
そもそも、おせちって何?

おせちの発祥についてまとめてみました!

おせちの発祥

「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、中国から伝わった五節供の行事に由来する。

奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言った。現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる。

この五節会の儀を一般庶民がならって御節供を行うようになったものと考えられている。

もともとは五節句の祝儀料理すべてをいったが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになった。

正月料理は江戸時代の武家作法が中心となって形作られたといわれている。

江戸時代、関西では「蓬莱飾り」、江戸では「食積(くいつみ)」、九州の佐賀・長崎などでは「蓬莱台・手懸け盛」と称し歳神様に三方などでめでたい食べ物などを床の間に飾り、また年始の挨拶に訪れた客にも振舞ったり家族も食べたりした。

重詰めへの移行 編集
嗚呼傍廂(1853年)によれば天明の頃までは食べていたがそれ以降は飾るだけとなり、正月料理は重詰め等へと変化していく。

膳に盛られた料理と重に詰められた料理が用意され、このうち膳に盛られた料理を「おせち」と呼んだ。

のちの「東京風俗志」(明治34年)によるとお膳に供えた煮物を「御節」、重詰めしたものを「食積」と呼んでいる。

重箱に本膳料理であった煮染めを中心とした料理が詰められるようになり食積と御節の融合が進んだ。現在では重箱に詰めた正月料理を御節と呼ぶようになっている。

重箱に御節料理を詰めるようになったのは明治時代以降のことと言われている。

重箱に御節を詰める手法が完全に確立した時期は第二次世界大戦後でデパートなどが見栄えの良い重箱入りの御節料理を発売したことによるとも言われている。

正月料理の重詰めについては江戸時代の文化・文政年間の料理茶屋における料理の影響を受けているとみる説もある。

Wikipediaより抜粋
たまねぎ
たまねぎ
発祥から現在まで
色々と進化したんだね
ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!