html> Your SEO optimized title page contents
健康

オリーブオイルの効能

オリーブオイルが最強な件

こんにちは!

たまです!

皆さん、日頃の料理に使用している油は何でしょうか?

料理によって様々な油を使い分ける方もいれば、こだわってあるいは面倒で同一の油を使う方もいるでしょう。

そんな油の中でも、オリーブオイルの効能が凄いんです!

普通、油と聞けば、コレステロールや脂肪といった事が頭をよぎりますよね。

オリーブオイルはそんなの関係ねぇ!なんです!

それでは、オリーブオイルのすごいとこをみていきましょう。

血管を強くする

血管を強くするという事はどういう事かというと、血管内に溜まるプラークを除去してくれる効果があるのです。

このプラークが溜まってしまうと、動脈硬化や心疾患になってしまう可能性が高くなるのです。

この効果はオリーブオイルに含まれるオレイン酸によるものです。

オレイン酸とは?

オレイン酸とは植物油に多く含まれる脂肪酸です。

他の脂肪酸と比べ酸化しにくいという特徴を持っています。




また、発がん性物質の「過酸化脂肪酸」をつくりにくくしたり、悪玉コレステロールを減らしてくれる作用もあります。

肌に良い!

保湿効果や硬くなった皮膚を柔らかくする作用があります。

皮膚への効能が長けている点から、クレンジング剤や保湿クリーム等にも使用されています。

また、抗酸化作用もあるため肌の老化を抑えることができ、アンチエイジング効果も期待できます!

ガン予防

各フェノール物質によるガン予防効果が期待できます。

乳ガンのガン細胞を全滅させたというデータもあるようです。

ダイエット効果

オレイン酸には満腹中枢に働きかける効果があるた、いつもより少量の食事でも満腹感を味わうことができます。

決して脂肪を燃焼させるという効果等は無いので勘違いしないように!

血糖値を下げる

エキストラバージンオイルにはポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールは、インスリンを活発にさせて血糖値を下げてくれる効果があります。

記憶力のアップ

オリーブオイルに含まれる「オレオイルエタノールアミド」という物質が、脳内の神経回路を強化してくれます。

日頃から摂取することで、記憶力アップ効果が期待できます!

便秘改善

ポリフェノールには便を柔らかくする効果があります。

また小腸消化されにくいという特徴があるため便秘の改善が期待できます。

さて、この辺でオリーブオイルの種類について紹介いたします。

スーパー等で、数種類のオリーブオイルを見かける事があるとおもいます。

オリーブオイルは種子からではなく果実を絞ってできます。

よって、フルーティやフレッシュ等の表現が使われており、本場イタリアではその種類が法律により規制され厳密に分類されています。

それぞれにどんな特徴があるのでしょうか?

オリーブオイルの種類

エキストラバージンオイル

オリーブの実を絞って、精製せずにそのまま使用されるもの。

酸度が0.8以下であり香風味も基準の判定となっています。

酸度 0.8以下
特徴 風味が強く酸度が低いため、最上級の品質として扱われるオリーブオイル。
最適な使用方法 風味、香りがあるので、サラダやパンに生で直接使う。

オリーブオイル(ピュア)

オリーブの実から絞ったものをフィルター等で精製したもの。
香りはさほど無く、無味無臭に近いオリーブオイル。
酸度 0.8以上
特徴 香り風味控えめ。
最適な使用方法 炒め物等の熱を通す料理

主に日本で流通しているのは、この2種類となります。

保管方法

オリーブオイルは光と熱と空気(酸素)です。

冷蔵庫や冷暗所で保管しましょう。

一度開封したら、約1〜2ヶ月で使い切るようにしましょう。

まとめ

オリーブオイルは体にとって、とても良い働きをしてくれる油です。

私も料理は基本的にオリーブオイルを使用しています。

様々な料理に使用できるので重宝しています。

健康のために、スープ類には必ず入れます。

アンチエイジング効果もあるため、これからも継続的に使用していけば、将来も若々しい体を維持できるのでは!?等と考えています(笑)

ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!