html> Your SEO optimized title page contents
毛髪

抜け毛の原因と対策!

抜け毛は頭皮環境が一番の原因!

髪の毛とは、頭という身体の一番目立つところにあり
30代後半になってくると、薄毛の人、そうでない人の差が出てきます。



原因は様々で遺伝もありますが、一番の原因は頭皮環境の可能性が高いです。



髪があると無いとでは、見た目の年齢も随分と変わってきますよね。
是非とも予防したいものです。



抜け毛とは?

抜け毛の原因は人によって様々です。
また、一概に抜け毛といっても
誰にでもある自然脱毛、老化、脱毛症と抜け毛の種類もたくさんあるます。

一日どれくらいの抜け毛までOK?

平均的に一日100本前後の抜け毛であれば自然脱毛という事で、異常ではないでしょう。

但し、元々髪が多い方はこれ以上抜ける場合もあるため一概に問題が無いとは言えません。

比率も関係してきます。

一日の中で最も抜けやすい時は、シャンプー時と寝ている時です。

いつもより抜け毛が多いと感じた時は何らかの対策が必要かもしれません。

原因について。。。

毛穴の汚れ

毛穴に溜まった皮脂や角栓が原因となって髪が抜けやすくなります。

一日風呂に入れなかった場合、次の日のシャンプー時や睡眠時の枕には、いつもの倍以上の髪が抜け落ちるはずです。

頭皮は常に清潔に保ちましょう。



洗い過ぎもよくありません。頭皮を保護する皮脂も必要です。

必要以上なシャンプーは、乾燥を招き、頭皮の環境を悪化させます。

よって朝シャンはお勧めできません。

就寝前のシャンプーが理想的です。



牽引性脱毛症

髪を引っ張る状態のヘアスタイルや、髪を引っ張りながら触る癖のある方は要注意!

引っ張られる事によって、毛根がダメージを受けて抜け落ちていきます。

また、髪を分けている方も同様です。

分けると肌の露出面積が多くなり、そこに紫外線などの外的要因が加わり頭皮が痛みます。

必然的に抜け毛が加速します。

なるべく、頭皮に負荷がかからないヘアスタイルを心掛けましょう。

円形脱毛症

根本原因はストレスです。ストレスで抜けるのではなく、ストレスにより内蔵、循環器官がダメージを受けて発症します。

髪の毛が多い人は気付きにくい場合もありますが、頭の一部分だけ髪が極端に短くなっていたらそれです。

大体の人は自然に治癒しますが、酷い人は頭全体に進行し、髪が無くなってしまう場合もあります。

症状部位から髪が生えない場合は医療機関の受診をお勧めします。

ストレスフリーな生活を心掛けましょう。

パーマ剤、カラー剤、ヘアスタイリング剤の影響

ヘアスタイルは常にオシャレにしておきたいもの。

見た目の7割は髪型で決まる!という筆者の勝手な持論もあります(笑)



しかし、長年パーマやヘアスタイリング剤を使用していると、頭皮へのダメージ蓄積は避けられません。

筆者の髪は現在もフッサフサですが、10年間パーマとヘアスタイリング剤を使用していた結果、確実に量が減っています(´;ω;`)

予防として、パーマはやめて、ヘアスタイリング剤は休日やココゾという時に使用し、使用頻度を下げています。

食生活

なるべく脂っこい食事を控えましょう。

脂っこい物は、毛穴の皮脂や角栓の分泌を促します。

魚や野菜をメインにする事で、頭皮環境に限らず身体のあらゆる部分にメリットをもたらすはずです。



睡眠

良質な睡眠を取ることはマストです!

筆者は夜勤をしていた時は抜け毛がとんでもないことになっていました(泣)

睡眠不足は血行不良を起こし、必要な栄養素が循環できない状態となります。
レディースアートネイチャー

また、22時〜2時までの間は、成長ホルモンが分泌されやすい時間帯です。

できるだけ この時間帯は睡眠時間にする事をお勧めします!

睡眠も頭皮に限らず、身体全てのパフォーマンスに影響してきます!

規則正しい生活を!
睡眠第一で!







ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!