html> Your SEO optimized title page contents
臭い

体臭と食べ物の関係!食生活で改善できる方法!

体の臭いと食べ物について

体臭がきつかったり、気にしているかたは、自分の食生活を振り返った事があるでしょうか?

実を言うと、体の臭いと食べ物は関係性が非常に高いのです。

体から発生する臭いの原因は大きく分けて2つです。

①アポクリン汗腺から分泌する脂肪酸
②皮脂腺からの分泌する脂肪酸

アポクリン汗腺とは?

人間には2種類の汗腺があり、その1つの汗腺。

汗をかく汗腺がエクリン汗腺と呼ばれており、アポクリン汗腺とは脇の下、外陰部、肛門周辺、外耳道等の特定部位にだけある汗腺です。

アポクリン汗腺から分泌された汗は脂肪と混ざり合います。

これが空気に触れる事で酸化して過酸化脂質という物質に変わります。

簡単に言うと、腐敗物質になるという事です。

この過酸化脂質が厄介もので、とても強い臭いを放つ原因となります。

臭いのもとは動物性タンパク質と脂肪

食べ物と関連する体臭となるのは、皮脂腺からの分泌が1番の原因となっています。

食べ物が体に吸収される過程で、臭いの原因となる物質があります。それは動物性脂肪と動物性たんぱく質です。
大腸まで到達した たんぱく質は細菌によって分解されます。

そして大腸菌の悪玉菌によって分解されると、アンモニア、アミン等の悪臭物質が作り出されます。
これらは体臭やその他にも、色々な疾患の原因となるのです。

体臭をきつくする食べ物

どのような食べのものが、悪臭になるのか見ていきましょう。

1.肉類全般

なぜ肉類が体臭に関係してくるかというと、肉類は消化に時間がかかるため、胃腸に長く停滞してしまいます。
すると、腸内で悪玉菌が増殖しやすい環境となり、腐敗も進んで腐敗臭が発生します。

この腐敗臭は、食べ物の分解の時にアンモニアや硫化水素が、腸内で発生してしまうからです。

においは血液に入って全身にまわります。そして汗や皮脂と一緒になり体臭(悪臭)となるのです。

2.お酒

アルコールは、皮膚の血管を広げたり、汗腺の活動を活性化させる働きを持っており代謝が一時的に良くなります。

お酒を飲むと、広がった血管や、汗腺の活発化で体内で酸化されたアルコールが全身を巡ります。それが体臭につながります。

3.インスタント食品

インスタント食品やジャンクフード。これらは現代社会において必要不可欠な存在といっても良いでしょう。

しかし、こういった食品には油が大量に使用されており、この油は体内で酸化されて活性酸素となってしまいます。

この活性酸素は臭いの原因となってしまいます。インスタントやスナック菓子、ファーストフード等の油が多く使用された食品は取りすぎなうように注意しましょう。

4.にんにく・辛い物

にんにくや、辛い物、香辛料などは、消化する際に亜硫酸ガスが発生します。
この亜硫酸ガスが、血液に溶けて汗として分泌されます。
そして体臭(悪臭)が発生してしまいます。

体臭を改善する食べ物

だいたいが、おいしそうな食べ物が悪臭を発生させる原因だったのですね。
しかし、体臭を改善できる食べ物も存在します。

いったいどんな食べ物があるのでしょうか・・・

1.腸内環境を整える食べ物

食物繊維や乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らして常在菌のバランスを整えます。
腸内で悪臭成分の発生を抑えてくれるので、においの原因物質を便とともに体外に出してくれます。

・食物繊維の多い食べ物・・・緑黄色野菜・海藻類・玄米・きのこ類
・乳酸菌を含む食べ物・・・ヨーグルト・キムチ・ぬか漬け

2.抗酸化食品

体臭を引き起こす原因に、先ほど書いたファーストフードのとりすぎで発生する活性酸素。

この活性酸素が多く発生するとそれがにおいの原因になります。

活性酸素が発生しないように、酸化されやすい食品は控えて、抗酸化作用のある食品を摂りましょう。

※抗酸化作用とは?
酸化を抑えるという作用です。老化を抑えたり、遅らせるという意味もあります。

・ポリフェノール・・・緑茶・ほうじ茶・紅茶
・リコピン・・・トマト
・セサミン・・・ゴマ

3.アルカリ性の食べ物(梅干し・お酢)

体内が酸性になっていると、体の抵抗力が弱まる原因となります。

この時に体臭がきつくなってしまうといわれています。

体が酸性かアルカリ性になるかは、食べ物によって決まってきます。

よって、アルカリ性の食品を摂取して体内をアルカリ性に保つ事が大事なのです。

コンビに弁当を食べると体臭がきつくなる??

コンビニ弁当で使われている食材は品目が少なく、一般的にお米・梅干し・肉・ポテト・野菜3〜5種類・小麦と、この程度です。

食材は、1日30品目食べるのがいいといわれていますが、コンビニ弁当では約15品目ぐらいしかとれません。

1日3食、コンビニ弁当ばかり食べていると、腸内環境が悪化して、体臭がきつくなってしまいます。

それでもどうしてもコンビニ弁当が必要な方は、食べる品目を増やすしかないのです。

例えばコンビニにおいてある冷凍食品の野菜や惣菜があります。

また、五目ひじきなど多品目はいっている商品は、品目数も稼げますし、なおさらいいです。

野菜といえば、サラダを買ってしまう方が多いですが、生野菜サラダはたくさんの量をとることができません。少なすぎると腸内細菌のバランス向上には足りないのです。

コンビニ弁当ばかりで、不健康な食生活を送っている方は、品目を増やして体臭がきつくならないように、気をつけましょう。

まとめ

体が発するにおい、つまり体臭は、食べ物が大きく関係してくることがわかりましたね。

ぐうたらな生活をしてジャンクフード等の偏った食事をしていると、そのぶん体臭はきつくなってしまいます。

「腸内環境を整える食品」「抗酸化食品」「アルカリ食品」、この3つを意識して食事をすれば、体臭予防につながるのです。

自分の食生活を振り返って、まずはひとつでもいいので改善できるようがんばりましょう!

ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!