html> Your SEO optimized title page contents
健康

気象病と低気圧 体調不良

気象病って何?

気象病って何でしょう?

あまり聞きなれない病名ですが、日本人で約1000万人いると言われてる病気です。

簡単言うと、気象の変化で体調も返歌するという病気です。

天気の悪い日、頭痛がしたりする人いませんか?

それ気象病です。

気象病のメカニズム

低気圧や台風、前線の影響で気圧が下がったり、湿度や気温が変化することで、身体の血管等が収縮・膨張したりします。

またそれらは、自律神経へも影響し、頭痛や吐き気等の症状となるのです。

中には、リウマチや喘息といった症状の出る方もいるようです。

乗り物酔いする人は気象病持ちが多い?

特に新幹線や飛行機で酔いやすい人はそうかもしれません。

こういった高速で移動する乗り物は、気圧が急激に変化します。

新幹線でいえば、トンネルに入ると鼓膜がペコってなりますよね。

トンネルが多い路線だと、体への影響もかなり出てくると思います。

飛行機はスピードもそうですが、高度で気圧の影響を受けます。

機内は基本、圧力を一定に保てるようにできていますが、少なからず影響はあります。

こういった乗り物で自律神経が乱れ気象病の症状が出るというわけです。

気象病は季節の変わり目に多い

季節の変わり目というのは、日本周辺の気団同士がぶつかり合い、気圧が不安定な日が続きます。

必然的に、気象病に悩まされる人が多くなります。

症状が酷い人は、雨がもうすぐ降るというのがわかるみたいです。

あ、自分もわかる!という人は気象病かもしれません。

日常生活でも気象病要因はたくさん

乗り物以外でも気圧が変化するシーンは沢山あります。

例えば、エレベーター、高層マンション、工場のクリーンルーム、東京ドームなどです。

改善策としては、こういった気圧が変化する所を避けるのが1番良いです。

症状が酷い人は一度、医師に相談してみまっしょう。

せっかくの秋の行楽シーズンを台無しにしないためにも、事前にできる事はやっておきましょう。

ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!