html> Your SEO optimized title page contents
肌の改善

日焼け対策 夏以外も必要

夏以外も日焼け対策は必要!

夏を過ぎたからといって、日焼け対策おろそかにしていませんか?

日焼けは紫外線によって起こりますが、焼けていないからといって浴び続けると肌の老化が進行します。

紫外線は年中太陽から降り注いでいるのです。



紫外線は目に見えない

 

紫外線(UV=ウルトラバイオレット)

超紫!?

光というのは様々な波長が混ざっています。

波長には短い~長いものが存在します。

わかりやすく大きく3段階に分けてみます。

波長が長い光=赤外線

これは熱を感じる光です。
目で認識できません。
火やストーブや赤外線ヒーターの前で熱を感じるのは、この赤外線です。

1日2粒で簡単♪今年の夏はコレで決まり!太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】

波長が中間の光=可視光線

可視光線は目で認識できる色の光です。
物の色を感じる事ができるのは、この波長の光があるからです。

可視光線の中にも波長が長い短いがあり、長くなると赤シフトし、短くなると青方向にシフトします。

可視光線の波長は赤、黄色、青で構成されており、この波長が混ざり合う事で様々な色となるのです。光の三原色と言います。

波長が短い光=紫外線

人が感じる事ができない光です。
もちろん見えません。

紫外線に限らず、波長が短い光は生物にとって様々な害があります。

世の中には様々な紫外線を使用した器具があります。

見た事ある人もいると思いますが、そういった器具は紫っぽい光を出しています。
10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

これは、紫外線を照射しているという合図っで、可視光線を同時に出して注意を促しているのです。

少し話それました( ´ㅁ` 😉

よって、夏の日差しが熱いとか冬の日差しは熱くないから大丈夫という問題ではないのです。

スキー焼けが良い例です。

太陽の光(紫外線)が雪に反射して、下から直で紫外線を受けているためです。

紫外線の肌への影響

日焼けとは?

紫外線は細胞破壊します。
破壊された細胞を再生しようと、血液が皮膚に集まります。

日焼け直後に赤くなるのはこのせいです。

その後、細胞が再生される際にメラニン色素が合成されます。

このメラニン色素で肌黒くなるのです。

生物の細胞再生回数は決まっている

人の細胞再生回数は決まっています。

再生は完全に元の状態に戻すが事はできません。

これ繰り返す事で、老化が進みます。

もう分かった思いますが、紫外線で細胞が破壊されて再生するという事は、老化を加速させているという事なのです。

冬の紫外線は厄介?

年間の紫外線量は7~8月にピークをむかえ、12月がピーク時の約1/10程度となります。

しかし、冬は空気が乾燥しているため、肌のバリア機能が衰えています。

よって、冬だからといってあなどっていると、紫外線ダメージは蓄積されていくのです。



紫外線は100%防ぐことはできない

紫外線の中にも様々な波長があり、地上に降り注ぐものを大きく分けると2種類となります。

日焼け止め商品のパッケージには、ほとんどの物にSPFとPAが表示されています。

SPFとPAは、この2つの紫外線波長に効果があります。

紫外線A波 VS SPF

紫外線B波 VS PA

このSPFの数値とPAの+が多いほど、紫外線の防御効果が高いことを意味します。

日焼け止めのSPFって何?

人はそれぞれ、紫外線に当たりだしてから日焼けをする(炎症を起こす)までの時間に個人差があります。

SPFの数値は、この炎症を起こすまでの時間を遅らせるものです。

以下に例をあげます

日焼けするまでの時間
Aさん 15分
Bさん  30分

AさんがSPF50の製品を使用したとします。
炎症するまでの時間=15分×50倍
よって、炎症をおこすまで750分(12時間30分)となります。

BさんがSPF30の製品を使用した場合。
炎症するまでの時間=30分×30倍
よって、炎症をおこすまで900分(15時間)となります

この数値は、あくまで目安であり個人差もあります。

この数値は、あくまで目安であり個人差もあります。

SPFの数値は、紫外線防御力と考えたほうがよいでしょう。

PAの+とは?

+の数は4段階に分かれています。

PA++++
PA+++
PA++
PA+

+の数が多ければ、紫外線A波を防ぐ効果が高いと考えるとよいです。

飲む日焼け止めのメリット、デメリット

最近話題の飲む日焼け止めサプリメント。

飲むだけで日焼け止め効果があるなんて便利ですね。



以下にメリット、デメリットをまとめてみました。

メリット

①塗りなおしがいらない
②プールや海で日焼け止めが落ちることがない
③日焼け止めアレルギーの人も使用できる
④日焼け止めを落とさなくていい[/box04]

デメリット

①少し値段が高い
②飲み続けないと効果が出ない商品もある

飲む日焼け止めは、塗るタイプと比べてコストパフォーマンスは高いです。

様々な手間を省けるため、是非オススメです。



ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!