html> Your SEO optimized title page contents
掃除

ガンコな油汚れも怖くない!ガスコンロまわりのお掃除を効率よくする方法♪

ガスコンロ周りの掃除が大変!

たまねぎ
たまねぎ
今回はガスコンロ周りの掃除方法だよー
新たま
新たま
それって油ギトギトで大変なのでは?
たまねぎ
たまねぎ
そうなんだよね 。
だから今回は、効果的な方法教えちゃうよー

ガスコンロやレンジ周りのお掃除って、油汚れやガンコなコゲつきを時間をかけて一生懸命ゴシゴシゴシ…しないといけないイメージですよね。

想像しただけで億劫になってしまうのではないでしょうか。

効率よく簡単にガンコな油やコゲ汚れを落とす方法はないのでしょうか?

今回はガスコンロや魚焼きグリル、換気扇の効率的なお掃除方法をご紹介させていただきます。

ガスコンロ周りのお掃除

ガスコンロ周りの汚れについて

ガスコンロのの汚れは、ガンコでなかなか落ちないですよね。

ガスコンロのについてしまう汚れは「食べ物の汚れ」、「油汚れ」、「コゲ」の主に3種類です。食べ物の汚れは中性洗剤を使えばすぐに落とすことができますが、油汚れやコゲつきなどを落とそうとすると一苦労です。

一生懸命長時間ゴシゴシし続けなくても、少しの工夫とコツでより効率よくガスコンロ周りのお掃除をすることができますよ。

【部位別ガスコンロ周りのお手入れの手順】

それでは、ガスコンロ周りの部位別にお掃除方法とコツをご紹介していきますね。

まず覚えておいていただきたいのは、「油汚れ」や「コゲ」は酸性の性質を持っているということです。

酸性の汚れを中和して落としやすくしてくれるおすすめのお掃除グッズに、アルカリ性の「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」などがあり、これらは身体に害のないナチュラルクリーニング素材として近年人気が高まってきています。

今回のお掃除にはこれらのグッズを使いましょう。

五徳の汚れ

まずは、五徳をスポンジと中性洗剤を使って軽く洗います。

これでほとんどの食品汚れや軽い油汚れなどは落ちますが、ガンコな油汚れやコゲつきはここではまだ取れません。

次に、バケツに50℃~60℃のお湯をためて五徳を中に投入し、1リットルあたりに重曹またはセスキ炭酸ソーダを大さじ1杯程度をかけます。

よくかき混ぜたら1時間ほど放置します。

時間か経つと、汚れが浮き出てきますので歯ブラシなどでこするとスルンとコゲつきが落ちるはずです!

それでも落ちにくい場合は、漬け置き後、こする際に更に重曹を研磨剤として使用し、コゲを落とすといいでしょう。

バーナー部分

バーナー部分は取り外し可能なコンロとそうでないコンロがあります。

取り外しが可能な場合は、中性洗剤や布、歯ブラシ等を使って油汚れ等を落としてください。

また、取り外した跡の穴の部分は竹串や爪楊枝等を使って食品のカスやコゲつきを取り除くようにしてくださいね。

コンロ部分の中でもデリケートな部分なので、無理に分解したりしようとせず、場合によっては専門家にお願いするようにしましょう。

天板の汚れ

まずはスポンジや布巾に水を含ませて、天板を拭き、食品汚れを落としていきます。

次に、スプレーボトルに1リットルあたり大さじ1杯程度の重曹やセスキソーダと溶かした液体を入れます。

天板にスプレーをシュッと吹き付け、2~3分放置、よく水気を絞った雑巾で汚れを拭き取ります。

きれいになったら、水ぶき→空拭きで完了です。

グリルのお掃除方法

【グリルの汚れについて】

魚焼きグリルにつく汚れの原因は魚から落ちる油です。

焼き網や受け皿だけでなく、グリルの内側にも油は飛び散っています。

特に時間の経ったグリルの油汚れは非常にガンコで厄介です。

中性洗剤でお掃除しつつ、油汚れが特にひどい場合は重曹やセスキ炭酸ソーダを使用してお掃除しましょう。

【部位別グリルのお手入れの手順】

・焼き網

焼き網は油汚れ&コゲつきがきになる箇所でもありますよね。

そんな時に便利なのが、「重曹漬け置き洗い」です!

網がひたひたに浸かるくらいの容器に網を入れ、そこに50℃くらいのお湯をはり、重曹をお湯1リットルあたり大さじ3杯程度入れてよく溶かします。

30分~1時間程度放置したら容器の中で乳化(汚れと液体を馴染ませ落とすイメージ)しながら歯ブラシで汚れを落としていきます。

スポンジで心もとない場合はメラミンスポンジを使うのが効果的です。

ステンレスたわしを使う場合もありますが、力任せにこするとコーティングが剥がれてしまう可能性があるので注意しましょう。

・受け皿

受け皿は魚から落ちてきた油を受け取るところなので、ガンコな油汚れがメインです。

強力な油汚れにおすすめなのが「セスキ炭酸ソーダ」。

受け皿がひたひたに入る容器に50℃のお湯と、1リットルあたりセスキ炭酸ソーダ大さじ1をよく溶かし30分~1時間放置します。

汚れが浮いてきたらスポンジや歯ブラシ、メラミンスポンジで汚れを落とし、完了です。

気になる方は、中性洗剤で二度洗いして、完了としてください。

・グリルの内側

魚焼きグリルの内側は、魚から飛んだ油が主な汚れです。

丸洗いできないグリルの庫内は、霧吹きで水に溶かしたセスキ炭酸ソーダを吹き付け、汚れを溶かして拭き取る方法がおすすめです。

スプレーボトルに1リットルあたり大さじ1杯程度のセスキソーダと溶かした液体を入れます。

グリルの庫内にスプレーを吹き付け、ラップやキッチンペーパーで庫内をパックし、30分~1時間放置します。

汚れが浮いてきたら歯ブラシやメラミンスポンジでこすり落とし、仕上げに水ぶき、空拭きでお掃除完了です。

換気扇のお掃除方法

換気扇にも油汚れがこべりついています。普段なかなか手がつけられないところなので、大掃除の際には余りの汚れにびっくりしてしまう方も多いのでは?

ここでも重曹やセスキ炭酸ソーダの力を借りて油汚れをスルッととってしまいましょう。

換気扇のお掃除をされる際は、必ず換気扇のスイッチを完全に切った状態にしてからはじめてくださいね。

シッコロファンタイプの場合

シッコロファンタイプの換気扇は、フィルターを取り外すと中に筒状のファンがある換気扇のことをいいます。

「フィルター」、円盤状の「ベルマウス」、筒状の「シッコロファン」の3部位に分解することができます。

フィルターは歯ブラシと中性洗剤でホコリと油汚れを落とします。

ベルマウスとシッコロファンは、油汚れの度合いによってセスキソーダスプレーや漬け置き洗いをするといいでしょう。


↑シッコロファンをセスキ炭酸ソーダでお掃除する方法

【プロペラファンタイプの場合】
プロペラタイプの換気扇は、プロペラの中央にあるネジを取り外すと「換気扇カバー」と「プロペラ部分」の2部位に分解することができます。

プロペラタイプの換気扇にはフィルターがついていないことが多く、ダイレクトに油やホコリ等がプロペラに付着しています。

油とホコリが組み合わさった頑固な汚れには、セスキ炭酸ソーダの漬け置き洗いを用いるのがおすすめです。

まとめ

今回は、ガスコンロまわりやグリル、換気扇のまわりのお掃除のコツなどのご紹介させていただきましたがいかがでしたか。

コゲつきなどが目立つ油汚れなら、アルカリ性と研磨の性質を併せ持つ重曹を。

ひどいガンコな油汚れなら、より強いアルカリ性質を持っているセスキ炭酸ソーダを用いたお掃除方法がおすすめです。

少しのコツとポイントで大変なお掃除をより簡単で効率的に行うことができますよ!

ぜひ、今年の大掃除の参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
たまねぎ
30代 2人子持ちの会社員。 美容、健康、体作り、生活全般の商品紹介!